セイある僕ら<7話>を更新しました。

女性障害者向けの派遣風俗、PUZZLE凸に勤める久保。 暗黙の禁句である女性障害者の性を受け止める彼だが、自身にもハンデがある。 むしろ、借金もあるし、トラウマもある。だが、生きがいを見つけ明るく生きている

そんな久保の話し、セイある僕ら7話を更新しました。

7話:ボクはクボ

【あらすじ】

今日の久保は、病院へ通う日。そこには脳卒中の母がおり、久保は世話をしているのだ。

そんな母を看護しながら思い出すのは、風俗に堕とされると見込んで母に調教・・もとい性虐待を受ける事、父親が見捨て育児放棄をした事、障害の特性がきっかけで孤立をした事。

複雑な思いをしながら病院を通っていたが・・。

【外伝】前回のオマケ漫画。

うさぎちゃん回の事が中心のオマケ漫画。

面倒な事を放置した方が、面倒になるとわかりつつも、面倒だからうごけなくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です