セイある僕ら<10話>を更新しました。

女性障害者向けの派遣風俗、PUZZLE凸に勤める久保。 暗黙の禁句である女性障害者の性を受け止める彼だが、自身にもハンデがある。 むしろ、借金もあるし、トラウマもある。だが、生きがいを見つけ明るく生きている

そんな久保の話し、セイある僕ら10話を更新しました。

10話:ムーちゃん

【あらすじ】

今日のお客様は、高IQで稼ぐアスペルガー。幼少期から療育を受け、豊かな生活を作り上げているように見える彼女。

だがそんな彼女にもやはり限度があり、人間関係には大きなハンデがあった。

せっかく出来た恋人にハンデを伝えると、彼は「だから共感能力が欠如していたのか。特にセックスにおいて」と告げられて別れられてしまう。

その共感力を手に入れるため、彼女は久保を雇い、己と向き合っていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です